こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>映像学科舞台製作コースにて、ステージタイガー「虎をカる男」を上演

2010/09/28

映像学科舞台製作コースにて、ステージタイガー「虎をカる男」を上演

映像学科の1年、2年合同課題として学内ホールにて、ステージタイガー「虎をカる男」を上演しました。
ステージタイガーとは、シナリオ・演出の講師でもある水本(虎本)先生が作:演出をされている劇団で、小劇場ではパワフルで有名な劇団です。
今回は劇団よりシナリオと役者さんを借りまして、それ以外の企画、スタッフを学生が担当しました。
具体的には、作品に演出をつけて、舞台美術、照明デザイン、音響オペレーション、すべてのことを学生で考えました。

簡単そうに見えて、難しいことも多く、予定していたスケジュールより大幅に遅れながらも、数少ない劇団との合わせ稽古のために必死に作品を作り上げていきました。

当日は、他の学科の学生などたくさんのお客さんを呼んで本番を行いました。
失敗してもやり直しがきかない世界、緊張の連続。稽古では出来てたことがうまくいかなかったりと反省の残る課題にはなりましたが、観に来てくれたお客さんの評判はすごく高いものでした。

わからないながらも全力でやりきった時の学生の表情は本当に輝いています。
今回の課題はゴールではありません。これから卒業して、一人前のスタッフになるための布石でしかありません。
しかし、この打ち込んだ感動は、一生の宝物となるでしょう。

20100928_01.jpg
20100928_02.jpg