こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>【写真】川地先生特別講座

2011/05/27

【写真】川地先生特別講座

日本写真映像専門学校写真学科営業写真コースは、日本で唯一、営業写真を学ぶことができる専門学校です。

 

2011年5月27日、営業写真コースでは、川地清広先生による特別講座が行われました。

この特別講座では、自然の光を使ったライティング方法、学校アルバムやスタジオワークについてなど内容盛りだくさん。
自然光を利用しての授業は、学校内で光を探して自分でしっかり写真を撮る、という内容。その一部を今回はご紹介します。
学校アルバムやスタジオワークは、座学でした。

 

<<< 特別講師の川地先生

 

有限会社 写真の川地
創業 明治10年5代目 代表取締役
〒518-0622 三重県名張市桔梗が丘2-3-5

 

◆川地清広氏受賞歴
富士フィルム営業写真コンテスト金賞1回
富士フィルム営業写真コンテスト銀賞1回
富士フィルム営業写真コンテスト銅賞3回
富士フィルム営業写真コンテスト入選8回
東海四県写真コンクール金賞3回
コダックポートレートコンテスト特選・入選9回
コダックポートレートコンテスト1992年グランプリ受賞
2009年富士フォトコンテスト アルバム優秀賞

  

学生コメント

 

まずおしゃれ!!車を降りた瞬間ビビッときました。
おしゃれな赤い眼鏡に赤いきれいな靴、将来あんな格好でカメラマンをやっていきたいと思いました。それが川地先生の第一印象でした。

カメラマンは心・技・体のなかで体はスタイル、常におしゃれであること、見た目も大事だと言うこと。 
授業中いきなり「おーい!ちょっと教室の電気消してくれる?」といきなり川地先生。
写真は光がないと撮れない。
「写真は光で描く芸術だ」と言い聞かされ驚いていると、川地先生は座っていたいすから立ち上がり教室のブラインドを少しずつ開け始めました。
電気を消した教室はかなり暗い状態でしたが、ブラインドの隙間から柔らかいきれいな光が入ってきて、「ちょっとここに立って誰か」といわれ立ち一枚パチり。
とてもきれいな自然光での写真でした。
 

撮影はどこでもできるということ。
ものすごくやる気になりました。
川地先生の授業を受けてこれからの人生をどういかしていくかを考えることが改めてわかり、とてもよかったです。
ありがとうございました!

写真学科2年(営業写真コース) 伊藤 彰

学生コメント

 

川地先生の授業を聞き写真に対する考えが変わりました。
空間のこだわり、光のこだわり、趣味のこだわりなど聞かせてもらいました。

とにかく川内先生はオシャレででかっこいいです。
「見ためも大事。」
趣味について語る川地先生の話は一緒にいて楽しかったです。
「記録写真ではなく記録に残る写真を撮るんだ。」
そんな川地先生が教室の電気を消し光の差し込んでいるところで光の見え方を沢山教えてくださり営業写真コースの皆はくぎづけでした。
「感性を磨け。」「語感をフルに働かせ。」
私たちには写真の事だけでなくいろんな体験が大事だという事に改めて教わりました。
これから沢山の講師の方にお世話になるので本当に良かったです。
川地先生本当にありがとうございました。

写真学科2年(営業写真コース) 西尾 絵里