こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>【写真】写真学科2年VJ授業

2012/05/18

【写真】写真学科2年VJ授業

「熱く燃える夏、熱く燃えるココロ」

 

日本写真映像専門学校 写真学科2年生の授業「VJ(ビジュアルジャーナリズム)」の授業をご紹介します。
濱口校長の授業です。

今回、作品テーマ「燃やす」として、写真学科2年生は「燃やす」を連想させたイメージを考え、作品制作に取り組みました!
作品合評で、多く評価が得られた5名の作品をTシャツプリントし、校内に展示していました。

 

20120518_01.jpg

 

2年生、5名から作品についてのコメントをいただきました!

 

【学生のコメント】

 

20120518_02.jpg

【写真学科2年写真表現コース/高木一機さん】

大阪に来たばかりの頃、あてもなく自転車でよく出掛けていた。夜になるといつも迷子になり、さみしくなった時に光る十字架を見つけた。
神や仏などといったウサンクサイ話は嫌いな僕だが、十字架を燃やした時少しだけ「アーメン」と言いたくなった。

20120518_03.jpg

 【写真学科2年写真表現コース/政近遼さん】

『燃やす』の課題が出て最初に思いつたのが隕石でした。
イメージは小宇宙で、いろいろ撮ってみて直線と曲線でできたこの写真が綺麗だと思い、この写真を選びました。

 20120518_04.jpg

 【写真学科2年写真表現コース/藤本真智子さん】

今回『燃やす』というテーマを聞いて、正反対の水を使いたいと思い、そこから金魚を思い浮かべ撮影しました。どことなく昔っぽさがあるという評価を受け、自分的にはコンテンポラリーアートに近づきたいので、納得するまで撮影したいと思います。

 20120518_05.jpg

【写真学科2年写真表現コース/高薮望さん】

心に火がつくとき。こんなにも体の底から力が溢れてくるのかと彼は思っていた。

彼は冷蔵庫に買っておいたプリンがあることを思いだしたのだ。デパ地下で買った、限定50個のプレミアムプリン。
このままでは死ねない、心は一層熱く、燃える。

 20120518_06.jpg

 【写真学科2年営業写真コース/根岸真衣子さん】

火は一瞬一瞬が違っていて、それは植物に見えたり怪物に見えたり...
そんな消えゆく花火の様子が不思議に見える作品になりました。