こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>【写真】「WEBギャラリー ごった煮」 2年&フォトファイン

2014/05/23

【写真】「WEBギャラリー ごった煮」 2年&フォトファイン

 日本写真映像専門学校には「濱口栄」という名物校長が存在します。ちょっとせっかちだけど、仕事が早く、頭もきれる。そんな校長が毎週毎週ぽんぽんぽんぽん課題をだします。たった1時間半で超有名写真家リー・フリードランダーが撮りそうな写真を現代風にアレンジして撮って来いだの、カメラの使い方もわからない新入生に黒布と電球を渡して夜の花を撮ってこいだの・・・。そう、時々「濱口むちゃえ」が顔をだすのです。

「むちゃえ」校長に振り回されつつも、期待に答えようとする生徒。ここではそんな健気な生徒の課題の一部を発表したいと思います。「力作」から「手抜きだけど何かおもしろい」まで色々取り揃えております。「WEBギャラリー ごった煮」日本写真映像専門学校HP内、オープンです。どうぞご賞味あれ!

 

写真2年課題 バランス

 

「unbalance」2年写真表現コース 白澤拓也

 

20140523_25.jpg

私は2本の足で立つ事で身体的バランスを保っている。頭で立つと私のバランスは崩れるのだろうか。いや、私はそれでも立とうとする。

 

 

 

 

「調和」2年営業写真コース 月ヶ瀬純子

 

20140523_21.jpg

姿や形、心。トンと押したらグラグラと揺れ崩れてしまうアンバランスに絶妙なバランス。

誰の日常の中にもある不安定なバランスを暗い雰囲気にならないように光をいっぱい入れて表現しました。

 

 

 

 

「僕の食生活」2年写真表現コース 吉間完次

 

20140523_22.jpg

「バランス」がテーマの課題だったので、自分の食生活のバランスの悪さをフォーカスしようとおもいました。

僕の食生活は、周りの人からみれば、不摂生な印象をもたれるかもしれませんが、当の本人にとっては、そのバランスの悪さがあるからこそ、全体のバランスがとれているのだと、都合良く思っています。なので、心配は必要なかったりするんです。

 

 

 

 

 

写真2年課題 電球と私

 

「六畳一間の小宇宙」2年写真表現コース 川畑藍

 

20140523_23.jpg

私の脳内は電球のように空っぽだ。しかしその空っぽの世界は宇宙のように無限の可能性を秘めている。まだ見ぬ光を求めて、まだ見ぬ閃きに目を凝らし、今日もこの部屋で宇宙は広がる。 

 

 

 

 

「未知の宇宙」2年写真表現コース 豊岡要

 

20140523_24.jpg

 比との肌の質感をブラックライトの独特な光を使って表現しました。遥か彼方、人の知らない宇宙にこんな光が存在するかもしれないと想像しながらSFのような作品にしたいと思いビジュアル化しました。

 

 

 

 

フォトファイン学科課題 質感を撮る

 

「妖艶」小田やすは

 

20140523_28.jpg

花には不思議な魅力があります。私にとって花は、妖婉さを表現できる重要な存在です。

 

 

 

 

 

「夜光花」山口晴司

 

20140523_26.jpg

真っ暗な夜空に吸い込まれそうな光輝く花が幻想的な雰囲気をかもし出している。

 

 

 

 

 

 

「白x白」船越美紅

 

20140523_27.jpg

 光と角度をうまく使ってフワフワ感を表現しました。

 

 

 

 

 

「いつか見た」井上大輔

 

20140523_29.jpg

いつか幼い頃に見た光景。

故郷の丘か、それとも

柔らかな毛布だったか。