こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>【舞台】合同演劇課題報告《役者篇》

2015/09/16

【舞台】合同演劇課題報告《役者篇》

  

演じることの素晴らしさを実感

只今、役者の道をばく進中。

本番は日曜日。

20150916_01.jpg 

 

武岡「いよいよ公演が迫ってきたね。どうだろう?」

木田「大丈夫でしょ?何か順調にいってる感じ」

生本「順調って、ちょっと怖いかなぁ?緊張感が薄れていないかが心配」

武岡「三人とも役者体験は初めてだけど、ボクから見ていてみんな役者に

   なってきた感じがするよ」

生本「そういや、そうだ。みんなカッコよくなっている」(笑)

武岡「アイドル系?」

生本「いや、違う!」(笑)

木田「わたしだけが女性で、どう?やりにくい?」

生本「いいや、かえってやり易いよ」

武岡「男同士だと、華がないよ。やっぱり女性が一人入ると、パッと華が咲く」(笑)

木田「あんまり意味が分からない」(爆笑)

武岡「セリフも頭に入ったし、こう見えてもボクは役作りに専念してるんだよ」

生本「それはみんな一緒(笑)三人のキャラクターがおもしろいね」

木田「おもしろいよ。飛びかかるシーンもあるしね」

武岡「そこは必見だね」

 

 20150916_02.jpg

脚本が講師の水本先生の本だからステキ

 

 

木田「役所に勤める役です。平凡だけど複雑な役どころ(笑う)」

生本「ボクはトラに育てられた人間っていう役どころです」

武岡「ボクは暗い過去を持つ医師です」

木田「改めて、みんなおもしろい役どころね(笑)」

生本「だから物語がおもしろいんだよ」

武岡「ハラハラ、ドキドキもすれけどハーフルですよ」

木田「そうそう、現代社会に一番必要なメッセージよね」

生本「カッコいい!ヒューヒュー」(爆笑)

20150916_03.jpg 

 

役者とスタッフの息もピッタリ!

ここも感じて欲しい。

 

 

生本「1年と2年の合同公演って力入るよね」

武岡「2年生の先輩に、迷惑をかけたくないっていうプレッシャーはあるよね」

木田「みんなスゴいのよ。まさにひとつになるってこのことね」

生本「これが演劇の最高の魅了だね」

武岡「役者が輝くのも裏方のスタッフのおかげだからね」

木田「そうよ」

生本「セリフ間違ったらどうしょう」

武岡「今、その話じゃないでしょう!」(三人爆笑)

木田「皆さん、20日の日曜日は一般公開です。ぜひお越し下さい」

武岡「虎を力る男。お待ちしています!」

生本「ガオォォォォォ!(
15時半開場、16時開演です)」


20150916_04.jpg



映像学科Twitterも是非ご覧下さい。