こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>卒業生トピックス>大塚勝久さん「島の原風景」写真展

2010/12/11

大塚勝久さん「島の原風景」写真展

日本写真映像専門学校 卒業生の大塚勝久さんが沖縄で写真展を開催します。

 

開催日:2010年12月12日(日)〜12月26日(日)OPEN/9:00 CLOSE/16:00

場所:国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター【沖縄県石垣市八島町2-27】

作品内容:八重山諸島のサンゴ礁を取り巻く自然、風俗、祭祀

作品点数:カラー全倍サイズ1点、カラー全紙サイズ1点、カラー半折サイズ24点、

カラー四つ切サイズ7点 合計33点

主催:環境省 那覇自然環境事務所

協力:大塚勝久写真事務所、沖縄県立博物館・美術館、(株)写真工房匠

 

【作家ひと言】
日本最南端八重山諸島に巡り合って30年余。

世界有数のサンゴ礁帯の彩りやその恵みを受けて、じつに大らかに真摯に暮らす島の人たちに魅せられてきました。

サンゴ礁海域での映像表現には、陸上や水中撮影もさることながら、

ときには島の眼となって上空からヘリコプターやパラグライダーを駆使しての撮影は欠かせません。

この残り少なくなった「島の宝」、「人類の宝」ともいえる八重山の島々の原風景を子供たちの未来へと念じながら。

 

 

20101211_1.jpg