卒業生トピックス

TOP>卒業生トピックス>「AERA」に長島義明先生 掲載

2011/11/21

「AERA」に長島義明先生 掲載

日本写真映像専門学校 写真学科OBで写真家の長島義明さん【写真表現コース・フォトファイン学科 講師】が雑誌「AERA」に掲載されました!(11/14発売号)

 

少年はタリバンになっていた

34年前の写真を持って

「また、おいでよ」

少年たちは、笑顔で手を振って見送ってくれた。

「写真を持って、また来るよ」

1977年秋、私はアフガニスタンのバーミヤン遺跡近くの小さな村を訪れていた。偶然通りかかると、大勢の男性が料理をしていた。結婚祝いだという。食事に呼ばれ、そのお礼に村の子どもたちの写真を撮った。子どもたちと再会の約束をしたのは、別れ際のことだった。

 

以来、約束を長い間果たせずにいた。

翌年には社会主義政党によるクーデターが起き、79年にはソ連軍が軍事介入。

ムジャヒディンと呼ばれる武装勢力との間で、約10年に及ぶ内戦が始まっ た。

90年代半ばからはタリバンによる政権が樹立されるが、2001年9月11日に米同時多発テロが起きると、ビンラディンを支援した報復として、米国は アフガニスタンに攻撃を仕掛け、再びアフガニスタンは戦地となった。

アフガニスタンで何かあるたびに、私は写真の中の子どもたちの安否が気になった。

いつの日か、平和になればアフガニスタンを再訪して、約束した写真を彼らに届けよう。しかし平和が訪れる気配はなかった。

 

そんな中、今年5月、私自身が肺気腫とわかった。いつまで元気に行動できるかわからない。7月20日、私はアフガニスタンに旅立ったーー。

写真家 長島義明

 

20111121_01.jpg20111121_02.jpg
来校イベント
学校説明会

本校の教育方針、カリキュラム、就職指導、就職実績など学校全般についてご説明いたします。
なんでもお気軽にご質問ください。

→お申込みはこちら
体験入学

無料ランチ付き!

実際の撮影や機材セッティングに挑戦していただきます。
教員やスタッフが詳しく説明しますので、予備知識がなくてもOK!

→お申込みはこちら
学校見学 随時!

授業の流れや就職の概要などをご説明したのち、担当教員とともに本校の実習施設や教室を見学します。
授業開催日には授業の見学も可能です。

→お申込みはこちら
資料請求

完全無料、即日配達

ホームページには記載しきれない情報を掲載したパンフレットをお送りします。
お気軽にお申し込みください。

→資料請求はこちら