こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>卒業生トピックス>【写真】桑島秀樹さん 芥川賞作家単行本の表紙を飾る

2014/12/15

【写真】桑島秀樹さん 芥川賞作家単行本の表紙を飾る

 本校卒業生であり、本校講師の写真作家、桑島秀樹さんの写真が

12月15日発売の芥川賞作家、中村文則さん『教団X』の表紙として使われています。

 

 

 

20141215_02.jpg

 

 中村文則

1977年愛知県生まれ。福島大学卒。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞、05年『土の中の子供』で芥川賞、10年『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。『掏摸<スリ>』は世界各国で翻訳され、アメリカ・アマゾンの月間ベスト10小説、アメリカの新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」で2012年の年間ベスト10小説に選ばれ、さらに13年、ロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにもノミネートされるなど、国内外で話題をさらった。他の著書に『何もかも憂鬱な夜に』『悪と仮面のルール』

 

中村文則さん公式HPはこちら

 

桑島秀樹

写真家、日本写真映像専門学校講師。1964年、大阪生まれ。1988年、日本写真映像専門学校を卒業後、コマーシャルスタジオに入社。1991年に退社、以降フリー。1997年「東京国際写真ビエンナーレ」に入選。4枚組写真「THE LIFE」シリーズで波紋を呼ぶ。その後「THE WORLD」シリーズ、その続作である「Vertical/Horizontal」シリーズで国際的な評価を受け、現在はカラフルなプラスチック製オモチャを組み合わせた立体作品「Eupholia」シリーズを展開中。

 

桑島秀樹さんのインタビューがのっているリンクはこちら

桑島秀樹さんの作品ののっているリンクはこちら