こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>卒業生トピックス>内倉真一郎さん 台湾にて二人展開催

2016/10/04

内倉真一郎さん 台湾にて二人展開催

 20161004_02.jpg

卒業生の内倉真一郎さんが京都のgallery Mainさんの企画「gallery Main新進作家展」として、「内倉真一郎x横山隆平 Photo Exhibition in Taiwan」を台湾のギャラリー「關於綠光+marüte 」にて開催します。

 

タイトル:「内倉真一郎x横山隆平 Photo Exhibition in Taiwan」

期間:10月7日(金)〜10月17日(月) 14:00~19:00

場所:「關於綠光+marüte 」台中市中興一巷2號

 電話:+886 4 2301 6717

 

「關於綠光+marüte gallery」台湾で写真展開催。
gallery Main新進作家展による、中澤有基氏ディレクション企画展です。
宮崎の写真家 内倉 真一郎×東京の写真家 横山 隆平による、
モノクロで街を鋭く切り取る2名の写真家が都市のスナップを展示します。
彼らが捉える光と影は懐かしく新しい。

 

内倉真一郎さんHPはこちら

 横山隆平さんHPはこちら

 

 20161004_01.jpg

 

 

●写真家 内倉真一郎【ステートメント】 大切な思い出、バラバラのコサージュ、見つけては、記録していく。

日々、呼吸のように記録する「私事」は写真と共に、 遺書=過去⇄未来と繋がるエネルギーの塊。

私はその塊と共に「闇」=「光」に立ち向かう。この感情に任せて撮っていく「作業」=「生きる道」は、

全生命力で挑むことにより、消化されては、飢えて求める。

「何故」=「知ること」から始まり、 「知る」=「撮る」=「浄化」=「飢える」このリンクが続く。
 
【プロフィール】 内倉 真一郎 Shinichiro Uchikura 写真家。1981年宮崎県生まれ。 

2010年2011年2013年にCanon主催写真新世紀を三度佳作受賞。APA、平間至賞など多数受賞。 

2016年コニカミノルタフォトプレミオを受賞し、コニカミノルタプラザ新宿にて個展開催。

2008年NikonJuna21受賞。新宿Nikonサロン大阪 Nikonサロンにて個展開催。 

2002年2003年2008年2012年清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリにて永久コレクションされる。

2016年KYOTOGRAPHI+ gallery Main企画展 「犬の惑星」個展開催 

2016年 瀬戸内国際写真祭 北浜alley野外展示「分離と融合」個展開催

2016年 PIS ゲリラ展示 in渋谷 「TOM and JERRY 」 

2015年gallery Main企画展 内倉真一郎写真展「佳子」を個展開催。 

2015年Paris photo「 fotofever artfair 2015」出展ルーブル美術館にて開催。

2015年清里フォトアートミュージアム開館20周年記念 原点を、永遠に、東京都写真美術館にて作品展示。 

2014年写真評論家清水穣企画展showcase #3 en aitsにて開催。 

PhotoGRAPHICA[フォトグラフィカ] vol.10 vol.11 作品掲載など多数作品掲載。 

CITY RAT pressより「A human Pictorial book」「佳子」「Dog Soldiers」を出版。
 

 

 

 

●写真家 横山 隆平【ステートメント】 カメラを手にしてからずっと東京という街で写真を撮ってきた。

気が付けば十数年という時間が流れ、その間に幾つかの写真集が出来、幾十にもなる展示となった。

ざっと眺めてみる時、僕の捉えてきたそれら、そのおよそほとんどが、

誰も眼を留める事のない、“路上の無名”としか呼びようのない雑景だが、しかしそこには、昼であれ夜であれ、

陽光や街灯りの別なく光が、手に触れる事が出来る程の確かさで在った。 

世界が如何に複雑になろうとも、社会が混迷を極めようとも、光が多ければ白に近づき、少なければ黒に似た。

意味や意義など予め失われていた。 テーマやコンセプトが変わっても僕の考える写真の本質、原点は、それを置いて他にない。 

さて、僕は今日でも街を歩けば、そんな光の中、路上の無名の群像劇に嬉々として、カメラ片手、きりきり舞いしている──。
 

 
● 【プロフィール】 横山 隆平 Ryuhei Yokoyama 写真家。1979年大阪府生まれ。

モノクロフィルムによる都市写真を中心に作品を展開。 Photography Magazine 81LAB.、CITYRAT press立ち上げに参加。