ファッションショーに出ます。

毎年恒例のSHASENファッションショーが8月4日に開幕。カッコいい女子、男子学生たちがモデルとなってホールのスターロードを歩きます。写真1年の白川さんもモデルとして歩きます。乞うご期待を。

宝塚歌劇団の舞台を担当しています。

映像学科の卒業生森吉くんが来てくれた。「宝塚歌劇団の舞台を創っています」満足そうな顔付である。やりたかったことが仕事になっているからだろう。「コレはお土産です」心配りも優しい。ありがとう。

これは何の撮影ですか?

映像学科1年生が3班に分かれて撮影をしている。その中の濱野監督のチームがコレ。「禁煙のCMを創っているんです」おもしろそうなアイデアが出そうだ。ちなみにこの喫煙場所で私がタバコを吸いにくくなった。

京都・宇治から2時間かけて。

写真学科1年生の田中慎也くんが通学に片道2時間もかかるそうだ。たまに遅刻もするようだが、よく頑張っている。将来は広告ファトグラファーを目指しているようだ。努力は必ず成功するよ。

コスプレでBBQ。

写真学科1年生の「スナップ写真撮影実習」ガーデンにてBBQ。となれば張り切る学生たち。プラスしてコスプレで集合。とくれば、盛り上がりは満点。肉を食べて撮影。そして作品をみんなで鑑賞して合評。楽しい1日になりました。

わたしも卒業生です。

30年ほど前に映像学科を卒業した(株)カガミの國見部長が来校。「いつも卒業生がお世話になっています」「いやいや、こちらこそお世話になっています。実はわたしも卒業生なんです」「えぇー」いろんなところでつながっていることに感謝です。

いっぱい、やることがあります。

今春、写真学科を卒業した冨永くんと東方さん。「同じ職場ですが、めずらしく一緒に休みが取れました」(笑顔)「まだまだですが、覚えることが山のようにあるんですよ」(笑)イイノ・メディアプロのタマゴが元気を見せた。

しあわせを撮る。

本校の写真学科には2年次に「営業コース」と「表現コース」に分かれる。その「営業コース」とはブライダルフォトをメインにポートレートを学ぶクラスである。そうなんですよ、将来の彼らは「しあわせのポートレート」カメラマンなのです。武村くん、河野くん、池田くん、山下さんが微笑む。

測量は東京を目指して。

測量の東京研修が本日からスタート。小雨の降る中、学校前から学生たちを乗せたバスが東京目指して走る。彼らの後ろから梅雨の雨雲が追いかける。

担任の作品を飾ります。

写真学科1年生の氏井くんと宝泉くん。只今、教室の壁に担任である松本先生の作品を飾っています。慎重に傷をつけないように、作品の高さにも気を遣い、どうやら汗が出ているようです。