ピーナッツ娘のファミリー

   千葉から営業写真コースの小林あかりさんのご家族が卒業作品展にワザワザ来てくれました。もちろん、お父さんは営業写真館のカメラマンです。ご両親がお若く見える。きっと、生活に華があるからでしょうね。きっとその華は「娘が華」なんでしょう。華の名前は「あかり」です。そうそう、お土産はピーナッツでした。ありがとうございました。    

世界で一番のヤキソバ

 卒業展名物「屋台の焼きそば」が今年も大繁盛。卒業生の浅田政志さんが「うまいですよ!ここの焼きそばは」と絶賛。営業の予定時間をはるかに短縮で売り切れゴメン状態。よかったじゃないですか。 2月の冷たい風を薬味としてプラス。いい感じでした。      

成長のア・カ・シ

 写真の夜間コースの今年の頑張り方がスゴい!卒業作品展に飾った作品がどれも素晴らしい。しっかりと、着実に自己を見つめ、環境を観察して自分が納得いく作品を創り上げた。感激である。たまたま、庭でカレーを食べていた面々に一緒に写真を撮ろうと誘った。「ウワォー」と気勢が上がる。これだけでも勢いのある頼もしい若者たちだ。    

えッ、またまたお腹に赤ちゃんが。

 卒業生の田口一家の勢揃い。ご夫婦お二人とも卒業生で同級生、同じ写真のクラス。このファミリーも記憶に残るステキなファミリーです。もぉー、なんと3人の可愛い女の子がいます。しかも、まだ彼女のお腹には次の女の子も。なんと幸せなファミリーなんだろうか。久しぶりに再会が飛び上がるほど嬉しい。        

気合いだァー、気合いだァー。

いよいよ 卒業作品展が明日に近づいた。最終準備に学生たちは余念がない。写真表現コースの榎本くんと佐々木くんたち鼻息が荒い。「あの作品はこっちに、この作品はここに」とバタバタの様子。頑張れ!みんな。「気合いだ、気合いだ」明日のお客様の感想が待ち遠しい。    

週末はスゴい作品が並ぶ。

 今年の卒業作品校内展が23(土)、24(日)に学校で開かれる。ニコン、フジフォトと校外展でご好評をいただいた作品に加え、2年間の集大成がずらーっと並びます。見応えがありますよ。あの夏、あの冬、あの春と・・・彼らの成長の記録が並びます。涙がこぼれそうです。    

最近、少しブクブクになってきて。

情報測量学科の友野 仁貴くん「ちょっと、太ったようで・・・」(笑)クラスでも1、2を争うファッションに気を遣う彼です。どうも、体型が変わるのは気に入らない様子。しかし、今はそんなことは言ってられないのです。そうです、彼は今、学年末でまだまだ積み残した課題の提出が山のようにあるのです。これをまず、克服してから「体型元通り作戦」に入るようです。      

もう、8年も経ちますか・・。

 写真学科を8年前に卒業して現在、東京で独立している高沢さんと梅田の阪急ギャラリーでバッタリ。「センセ、ご無沙汰しています」名刺をいただいた。「頑張っているね。また学校に来て下さい」「まだまだですが、自慢できるように、頑張ります」(笑)ちょうどギャラリーでは卒業生の鋤田さんが来阪していて、そのグループ展のスタッフを高沢さんが担当していました。次回は高沢さんの作品も展示されることを願いつつ

体育祭が一番の思い出!

情報測量学科2年生の神明翔太くんも就職が決まり、もうすぐ卒業である。「2年間の思い出は?」「体育祭が最高に楽しかったです」測量の勉強よりも、出てくる話題は「息抜き系」ばかり。あれも、これもと、止まらない。この2年間がどれだけ楽しかったかは、もぉー、十分に伝わる。さぁー、これからの社会生活も楽しんで下さい。  

就職が決まりました。

 写真学科写真営業コースの秦圭祐くが報告に来た。「センセ、遅くなりましたが、就職が決まりました」おめでとう。神戸の営業写真館に決まったようだ。秦くんは派手さはないが、一生懸命に頑張る男の子です。何年後に素敵なカメラマンに成長した秦くんを楽しみにしています。仕事を楽しんで下さい。