私に合った幸せを探します。

 今春卒業した井上香奈さんが、「センセ、私、奄美大島に帰ります」と挨拶に来てくれた。「センセ、この写真を持っていて下さい」と額裝された島の風景が美しい。「センセ、何十年かかるかわかりませんが、見守って下さい」と笑顔。必ず、必ずまた会いましょうね。あなたが歩いた道を一緒に。    

インディアナ大学からの友だち。

   2年に1度、アメリカ・インディアナ大学から日本に研修旅行で仲間がやってくる。大阪には2週間であとは京都、東京のスケジュール。昨日は大阪城の見学だったようだ。時空を超えた出逢いはうまくスナップできたのだろうか。今日は「でんでんタウン」から写真ギャラリーとか。大阪の文化が少しでも伝われば嬉しいです。    

測量士はまずは体力。

 情報測量2年の友野くんたちとミニ食事会。よく食べることに超驚き!安い居酒屋で良かった。このメンバーではフランス料理をごちそうすれば、こっちが破産になる。でも、今が一番の食べ盛りかもしれない。その上、測量の仕事は「体力が勝負」のところもある。また近内に安いお店に行こう。    

必ずプロ野球中継のカメラマンになるゾ!

 こんなにも熱く、志がしっかりしている映像学科1年生の学生を久しぶりに見た。彼の名前は北野雅也くん。彼の高校の野球部が甲子園に彼が在学中に2度も出場している。「野球少年たちの飛び散る汗を見て」その時に北野くんは決心したようだ。「将来は選手を撮りたい」と。明るい。熱い。力いっぱい応援したい好青年である。    

O型かB型か?さて?

 写真1年生の石垣都果さんは「元気で健康」のイメージが強い。もちろん、夏が似合う女性です。あの明るさ、切り替えの良さは血液型と関係があるのだろうか。イメージではB型のようでもある。しかしこれはわからない。以外にもAB型かもしれない。この血液型の正解は謎としてわたしのポケットに入れておこう。    

あなたがクラスの軸になっているかも?

 映像学科1年生の飯島心さんはしっかりしている。「クラスのみんなが楽しんでいる姿が最高に嬉しい」と言う。「みんな個性が豊かなんですよ。まだ5月、始まったばかりなので、初々しさがあるんですが、そこがいい感じ(笑)」将来は舞台関係のスタッフを目指しているという。もっと、もっと楽しんで下さい。    

舞台俳優が趣味のカメラマン

久しぶりに石井君の顔を見た。「今、山形から来ました」手には山形産のワインが ぶら下がっていた。 「元気ですか?」「ハイ!実家の写真館をきっちりと継いで頑張っています(笑)」話し言葉がやや「舞台調のセリフ」になっているは昔も変わらない。彼は実家が写真館でなければ、きっと役者になっていただろう。写真館もみんなに好かれる役者タッチでやって下さい。しかし、主役はお客さんですよ。    

チョット、近寄りすぎ。

 写真家の長島義明さんと大阪の本町にあるとあるカフェ・レストランで。「大阪の観光をもっとPRしよう」というテーマの勉強会に出席しました。時間が経つにつれて長島センセが酔っぱらってくる(笑) 勉強会のラストあたりでブラジルのミニコンサートが始まった。もぉー、長島センセの眼が虚ろ。誰や、こんなにも飲ましたんワ!「ナガシマさん、チョットよりスギかも」      

卒業生のレクチャー。

 映像学科を卒業して2年は経つだろうか。森岡祐介くんと前田翔子さんが学校に来てくれた。二人はドキュメンタリーをメインとした制作会社で頑張っている。少し大人の顔付になっていた。鯖田先生が「在校生に映像業界の現状をしゃべってよ」と二人を映像の教室に連れて行った。もっと、こっちでも話をしたかったが、校長室でしゃべるよりも学生たちの前での方が、はるかにいい。ありがとう。   &nbsp

愛犬レオンは大親友。

 映像学科1年の上村萌華さんちの愛犬レオンはもうぉー13年も健在らしい。「あのね、レオンは瞳がキラキラしていて可愛いの(笑)一番の親友です」犬の話になると彼女に瞳もキラキラ状態。で、「クラスはどう?」「クラスは楽しいですよ、学校の雰囲気は最高です!」またまたテンションが上がった。