夏までに10k痩せるゥ〜?

 測量専門学科の石井智也くんは「夏までに10k痩せますよ」と宣言!さて?どうかなぁー?きっと、夏には何か楽しいことがあるのかもしれない。水着のお姉ちゃんとツーショットとか?それはないとしても、健康のためには少し絞ったほうがよさそうだ。まぁ、あまり人のことを言えた義理でもないが。    

センセ、わたしは誰でしょう?

 写真表現コースを卒業した平野更紗さんが「センセ、こんにちは」と突然の顔出し。名前が咄嗟に出てこない。「えーっと、顔は覚えているけど・・・」「ブゥーッ、時間切れ」と笑う。「7年前の卒業した平野です。わたし、卒業作品で学校長賞をいただいているんですよ」そうでしたか、失礼。ここまでくれば思い出した。良く来てくれました。ありがとう。

金魚は昔に飼いました。

 写真学科1年生の寺田遥平くんは風景写真がスキなようだ。「就職のためにはブツもしっかりと撮りたいですね」と言う。真面目である。「ネイチャー・フォトに興味があって、小学時代は金魚を飼っていました」やや古い話に彼の顔がほころぶ。気持ちの優しい人である。  

高校の恩師が来てくれました。

情報測量学科2年生の中野堅太くんと松下誠君の出身校の徳島、つるぎ高校の日高先生が 来校。かつての教え子たちがどうしているのか。気になったようです。中野君は地元の徳島での就職が内定して恩師もひと安心。久しぶりの再会に「緊張しました」と中野君。思い出の高校時代の話で盛上がったことでしょう。

とにかく元気です。

 写真学科1年生の岡村篤志くんは好青年で「今、写真は楽しいです」と元気よく答えが帰ってきた。彼は小中時代は野球で高校時代はハンドボールに夢中だったとか。「体力には自身があるんですよ」と笑う。食べ物のスキ・キライもなしで、健康状態はバッチリだとか。実家の営業写真館を継ぐ目的で入学を決めたようだ。これからは体力だけでなく、彼のセンスが試されるだろう。頑張れ!

就職決定、第一号だ。

 情報測量学科2年生の太田悠介くんと福井拓馬くんの二人が測量最大手の会社パスコに内定した。おめでとう。少し現実のスタイルが見えてきた。「会社に入ったら、思いきって頑張ります」希望がこぼれる笑顔が5月晴れによく似合う。大変なことがあるかもしれない。しかし、今の気持ちを忘れずに乗り切って欲しい。できるよ、君たちなら。

おはようの挨拶はコンビ二で。

 毎朝のように、学校近くのコンビニで彼と出会う。「おはよう」彼とは測量専門学科の砂田将志くん。彼はいつもパンをぶら下げている。「パンがスキなんですよ」彼は愛媛出身で学校近くで一人暮らし。背が高く、横幅もボリューム感いっぱい。「筋トレで筋肉を付けるはずが脂肪が付きました」(笑)一人前の測量士になる頃には「脂肪が筋肉にかわるだろう」

毎日が充実で・・・テフェ。

 笑顔がはち切れるとはこんな人のことをいうのかもしれない。写真学科1年生の池田花梨さんは明るい人である。写真も面白い味がある。「父がビデオの仕事していて、小さい頃より自宅にカメラがあって写真に興味を持っていました」と笑う。別に笑う場面ではないが、明るく笑う。「まだ、どんな写真を撮りたいのかもわからないんですよ」とまたまた笑う。楽しい写真を撮ればいい。

レコードジャケットから学ぶもの。

 校長室前の掲示板に懐かしいLP版ジャケットを貼った。手伝ってくれたのは写真学科1年生の小林くん、林くん、岡村くん山崎くん。きっと、どのミュージシャンも彼たちは知らないだろう。しかし、アーティストが集まって制作した一流のものは、きっと彼たちの心に届くはずである。写真がうまくなりますよーに。

自宅から2分で、学校。

 いままでに、こんなに近くに実家がある学生がいただろうか。写真学科1年生の藤原雅樹くん。学校から2分の近さである。「近いから、遅刻はしません」(笑)「写真、頑張ります!」5月の新緑がよく似合う爽やかな少年である。