夢はあきらめない。

 写真学科1年生の藤本隆司さんはクラスで一番の年長。「まわりが、子どもみたいで」(笑)藤本さんは「将来は美しい風景を撮りたい」という。「最近、撮る写真が明るくなってきました」(笑)これも若者たちのはじけるエネルギィーの影響かも(笑)夢に向かって走る藤本さんに乾杯!  

キャベツとかモヤシとか。

 写真学科1年生の三田卓くんは一人暮らし。現在はホテルでバイト中のようだが、バイトがないときの自炊は炒め物。キャベツとかモヤシとかをよく炒めます。おいしいですよ。野菜は健康にいいが、そればかりだとどうだろうか。たまには彼を食事に誘うとするか。

ファッションショーが楽しみ。

 8/23の体験入学は「ファッションショーを激写」このステージに立つのが写真学科1年生の田中くんと鬼丸さん。もちろん、ほかにも測量から、映像からとモデルは多数出演予定。少し先の話だがモデルの服について意見交換しました。学生たちが楽しくユーモラスに創り上げるファッションショーに乞うご期待!

カッコよく写ってましたぁー。

   情報測量学科1年生の和田康亮くんが先週、写真学科2年の岡村君に写真を撮ってもらったようだ。写真学科の課題で「近畿測量の学生を撮る」ポートレートの撮影実習に和田くんが選ばれたようだ。で、そのできばえは「うまく写ってました!大満足です!」和田くん大喜び。

お手伝いしましょうか?

 今春、映像学科を卒業した織田小春さんと、飯島心さんが来てくれた。二人は照明と撮影で頑張っているようだ。元気で明るい声から、仕事が順調にいっている様子がわかる。二人よりも元気だったのが元担任の鯖田先生。先生は教え子が顔を出してくれるのが一番のビタミン剤である。

昨日は負けました。

 久しぶりに昨日は甲子園球場で阪神×巨人戦を見ました。残念ながら藤浪投手の前に巨人打線はペケポンでした。「センセ、惜しかったですね。今度一緒に応援に行きましょうよ」とツバを飛ばしてしゃべるのは高知出身の大の巨人フアンである情報測量学科1年生の高岡賢生くん。彼のひいき選手は阿部選手、内海選手らしい。近いうちに行きましょう。

チョット、おじゃま虫。

 写真学科の教室を飛び出しての授業です。庭で楓先生の実習が行なわれています。アツい天気です。写真学科1年生の勇くんが熱心に質問をしています。何を聞くわけでもないのですが、二人の会話を「流しそうめん」のようにスルリと間にお邪魔虫。

紅い髪は今だけですから。

 情報測量学科1年の佐藤くんと阪口くん。庭での実習中におじゃま。佐藤くんの髪がピンクになっている。「今だけですから、個性を出そうと思って」充分、出てます。彼のお父さんもお母さんも本校の卒業生で測量士です。岡山のご両親は知っているだろうか。ピンクの智彰くんを。

ナランフーはラーメンがお好き

 写真学科1年生でモンゴルから学びにきている女性がいる。彼女の名はナランフー。日本に来て2年半とか。「刺身はどうですか?」「まだ、食べられない」「じゃ、何がスキですか?」「ラーメン」即答の声は大きく響く。今は写真に夢中のようだ。近いうちにラーメンでも。

新入生の写真展です。

 写真学科1年生とフォト・ファイン学科(写真夜間コース)の合同新入生の写真展がスタートします。写真と向き合って最初の彼たちの作品展です。素直なストレートの作品が目立ちます。この純粋さが人を惹き付けるのです。最初のメーッセージがどのように他者に伝わるのか、楽しみですね。