彼女の演出は見事。

 先日、行なわれたファッションショーのイベントは大勢にお客さんをホールいっぱいに迎えて大成功であった。楽しかった、おもしろかった、また来たい。などの感想がいっぱい寄せられた。次々に展開を見せるアツいステージはあっという間のひと時であった。そのステージの演出を担当したのが映像学科1年の伴野静さん。いい勉強になったことでしょう。お見事でした。  

夢をカタチにしています。

 映像学科の卒業生、山本さん、奥田さん、酒井さんが来てくれた。酒井さんが「先月にオランダとフランスの海外ロケに行ってきました」三人とも映像業界で頑張っている。それぞれが持つ夢をカタチにしようと前を向いている。頑張れ!

舞台裏は大騒ぎ。

 今週の日曜日はファッションショー本番。舞台美術は製作に入った。まずは片付け。大掃除。それから舞台セットを組み立てていく。楽しい実習でもあるが「まだまだアツい」セットデザインから大きな美術が出来上がっていく。彼らの汗が染込んだカッコいいセットを見に来るだけでもオシャレじゃないですか。お待ちしています。

えぇーっ!?メンズ下着のショーも!?

   8/23のSHASENファッションショーではイケメンの下着ショー&ボディペインティングもあるのです。「写真撮影」「映像・ミュージックビデオ制作」で楽しみませんか?在校生たちも一緒に制作に参加します。きっと「驚きと「感動」そして「爆笑」のショーになるでしょう。バタバタが目に浮かびます(笑)

少し休憩しましょうか。

 写真学科のメンバーで構成する写専園芸部。猛暑の水やりは重要な任務なんです。いつもは庭の水まきですが、今回は階段の掃除。高圧洗浄でバァーッと洗い流します。最初は楽しさもあるのですが、すぐに飽きてきます。足元もビシャビシャ。彼らはすぐに言います。「少し休憩しましょうか」

4キロ痩せましたぁー。

 近畿測量の卒業生の石井くんくん、彼が学校に来るとよくわかる。身体が大きい、声が大きい。「でも、4キロも痩せたんですよ。これは異常気象のせいでしょうか」猛暑のせいもあるでしょうが、彼の大きさからみれば4キロぐらいではまったくわからない。夏場では非常にアツ苦しいのはみなさんご存知。

チーム追試。

   近畿測量の前期試験の追試がスタート。テストの不合格者にとっては、きちんと理解して社会に出てもらうために厳しく合格するまで補講、補習、追試と続きます。「あともう少し、頑張れ!」「ハイ!」元気の良さなら一番に合格なんだけど。アツい夏休み。この追試も近測の「愛」です。

学校もアツいですねぇ。

 写真学科の卒業生、山本さん、安田さんが「夏休みが取れたので」松本先生と同期です。日本中が暑い中、庭で長話。同級生の話、職場の話などなどエンドレス。廊下の学生たちの作品を観てると「嬉しいし、落ち着きますね」(笑顔)

写真は恋人

 まだまだ写真と付き合っていきたい。福長先生と同級生たちが「写真セミナー」を開いてくれた。写真に想いをぶつけ続ける情熱は少しも衰えていない。それどころか写真の素晴らしさを彼たちは語る。暑い夏に沸騰するセミナーでした。感謝です。