わたし、花の心を知ってます。

 写真学科1年生の瓜生夏夏菜津美さんは高校時代、華道部にいたようだ。「部長をやっていました」「すごいな。花と話ができる?」「少しなら(笑)」冗談も通じるようだ。花の心をキャッチしてステキな花の写真を撮って下さい。

学校ってこんなに愉しかったぁ?

   写真学科1年生の橋村有花さん「愉しいですよ。自分のイメージ通りに作品ができなかったら悔しいけど、その悔しさも愉しいです」(笑)明るい女の子だ。神戸から通っているようだ。「大きな震災があったのを覚えてる?」「わたしの生まれる前でしたから、小学校の掲示板の写真でしか知らないんです」あー、そんなに経つんだ。

ボクが校長先生になったら。

  写真学科1年生の吉井直人くんが校長の椅子に座って「ボクが校長先生になったら、明るくて愉しい学校を目指します」「それ、今の学校の現状やんか」「はい、だから、今の写専は最高です」(笑)

スキなのはパスタとスイミン。

 写真学科1年生の小林千富美さんは「最近、パスタにはまっています。パスタの写真がかなり増えました」(笑)「パスタが一番スキ?」「そうですね。1番はパスタ、2番は睡眠。でも、10月は写真展が3つも重なったので、制作に追われてあまり寝ていません」(笑)ハキハキと喋る彼女は気持ちがいい。

お兄ちゃんの服を借りてます。

 写真学科1年生の金坂未玖さんは3歳年上のお兄ちゃんの服を良く借りるそうだ。「このトレーナーも借りてきました」(笑)歳が近いせいもあって「よくケンカもします」(笑)かなり激しいケンカのようだ。「取っ組み合いですよ」(爆笑)最高に仲がいいのだろう。今度、お兄ちゃんのポートレートを見せて下さい。

大阪で一番おもろい男。

 写真学科1年生の山下湧平くんは「きつねうどん」が大スキとか。3歳から「うどん」をたべているとか。「カレーうどんを卒業して、今はやっぱりきつねうどんです」(笑)彼をよく見ると顔が「キツネ」に何となく似ているような気がした。

五人目ができました!

 写真学科、卒業生の田口さん夫妻に五人目の赤ちゃんができました。素晴らしいことです。少子化対策の見本のような家族です。この際ですから十人まで行きましょうか(爆笑)家族が増えることは大変ですが、シアワセが増えることです。まだまだいけるよ田口さん。

体育祭に現れたマンガ小僧。

 情報測量学科2年生の池畑海斗くんの頭に注目!今回の体育祭カットのようだ。どう見てもカットが荒い。昨夜、友人がカットしたようだ(笑)ネコの耳の様に髪の毛を少し残して「2015年秋のネコ・カット」おかしすぎて涙が出る秋の空。

体育祭に出れない(涙)

 情報測量学科1年生の和田くんが「ボクシングの練習中にじん帯を痛めました。非常に残念ですが、体育祭に出れないです。」(ナミダ)「ええっ、大丈夫か?」「はい、そんなに痛みはないのですが、走れないです」体育祭では絶対にMVPを獲るんだと張り切っていたのに。残念です。また、来年があるじゃないですか。

内倉さんには応援団がいっぱい。

 写真学科の卒業生で宮崎県内で営業写真館を営み作家活動も続けている内倉真一郎氏が京都で写真展を開いている。先日、オープニングにトークショーが開かれた。小さな会場であったがいっぱいの観客。中には本校の卒業生もたくさん参加していて写専ミニ同窓会状態。みんなで彼を盛り上げる雰囲気は写専の良さかもしれない。