ハロウィンは大騒ぎ

 オープンキャンパスの企画で「ハロウィン・パーティを写そう」このメンバーの仮装です。参加者たちの感想は楽しかったようです。少し気味が悪かった空気は充分流れていました。

20年ぶりの再会かも。

 写真学科を卒業した河田将茂さんから電話「会いませんか?」「梅田にしようか」小さな酒場で近況報告を。島根にある実家の写真館を手伝いながら、運送会社の社長をしているとか。いやぁー、立派なものです。長男が大学1年生でキャッチャーでがんばっているとか。お父さんの自慢の息子のようだ。再会を約束して梅田の夜は二人ほろ酔い。携帯での写真がぶれぶれ。

犬も歩けば豚に当たる。

 久しぶりに大阪・堀江の町を歩く。そこでバッタリ、番匠谷くんと土屋くんと遭遇。番匠谷くんは写真夜間の卒業生で二人は同級生。土屋くんは現在表現コースに在籍中。もちろん、肩にはカメラがぶらさがっている。ブラブラ写真散歩。素敵なシーンに出逢った。

写専、近測の合同体育祭。

 秋晴れとはいかないが、さわやかな風が吹いた体育祭当日でした。両校がひとつになるイベントです。若いパワーはあらゆる可能性を拡げていく。汗をかいて、触れ合って、励まし合って若者たちは大切なものを学んでいくのだろう。

少しおかしい体操。

 先日、長居競技場で体育祭が行なわれた。久しぶりの運動をする機会です。写真学科営業コースの山下くんと準備運動をしたのだが、どうもおかしい。山下くんの体育祭の服装が寿司屋のアルバイトのユニホームというのもおかしい。体育祭は最高の気分だったが、体操はおかしかった。

卒業して20年も経ちました。

なんと久しぶりだろうか。山口県の末永くんと、高松の八木くんが揃って顔を出してくれた。それぞれは現在出身地で写真業を営んでいると言う。「センセ、お久しぶりです。センセの授業を思い出しますよ」(笑)さて、なにをどう教えたのか。20年ぶりの再会は胸が痛い。

仕事を楽しんでいます。

 今春、映像学科を卒業した島田さんと樋口さんが来てくれました。「映像業界で頑張っています。やっと慣れてきた感じです。毎日が楽しいね」二人が向き合って笑う。二人は高校時代から同じ高校で本校の映像学科も同じ、就職した会社も同じ。実に仲のいい二人である。二人が同時に結婚できるといいね。

ポスター展が華やかに開催。

 只今、写専廊下は1Fも2Fもおしゃれなポスターでいっぱい。在校生は写真も、映像も、測量も立ち止まって「美しい!」「感動する」などのため息があっちもこっちも。新旧取り混ぜた写真、映画のポスターを秋の季節に観るのもなかなかいいものです。

ポスター展の準備。

 現在は近測のポートレート展が写専で開催中。次回は「おしゃれなポスター展」その準備に写真2年の小林さん、田中くん、高森さんたちが手伝ってくれた。学校の廊下中が楽しくなるポスター展。どうぞ、お越し下さい。

出身高校での作品展。

 写真学科2年の西村さんの出身高校(玉川高校)の在校生、卒業生たちの美術展が大津であった。西村さんは「写真作品」と「油絵作品」の2点を出していた。素晴らしい美術展であった。この展覧会は10年間も続いているという。コレも見事。