電流が走る和太鼓の響き。

 昨日、これからデビューする和太鼓チームの撮影をした。迫力満点の響きです。写真学科の学生たちには最高の撮影実習になりました。若いアーティストの飛び散る汗って感動しますね。撮る側も撮られる側もこれからの活躍に期待したいです。

写真を見て下さい。

 写真学科の卒業生、横江さんが東京から休みを利用して学校に来た。「センセ、仕事の合間に写真を撮っています。この写真はどうですか?」東京の近況など話しながら二人で写真を見る。おもしろい。満たされた日常のなかに、何か足りない。そのもどかしさが作品に表現されている。もっと、彼女の成長を見たい。

大爆笑の公開断髪式。

 写真学科を卒業した山下くん、楠本くん。来月からは自衛官に決まっていて「じゃ、坊主に」ということで仲間が集まって「断髪式をやろう」悪い仲間いるもんだ。「一番のハサミは校長が」えぇ、コレも流れか。

愛一郎くんのお昼ね。

 情報測量学科の伊藤愛一郎くんがここ毎日、ガーデンの草抜き、水やりで学校に来ています。この作業は結構、腰にくるようです。で、ランチ休憩でうとうと。

シラサワだぞー。

 東京のスタジオで忙しくしている白沢くんが来た。「東京は超忙しいです。でも楽しいですよ」(笑)「友人の結婚式に出席するので」と大きなスーツケースを持ってきた。見れば、ヘアーも短く刈り上げている。喧しい彼のことだ、喧しい結婚式になるのだろう。

しばらく、座っていていいですか。

 5年前に写真学科を卒業した阿禮さんと崇原さんが顔を見せた。「うわぁー、教室がきれいになっている」「懐かしいわぁー」大人になった二人が学生の少女に戻った。「しばらく、この椅子に座っていてもいいですか?」思い出が蘇る椅子なのだろう。  

着物はキレイ。

 卒業式には女性は着物姿が多い。これがまたキレイ。華やかだ。日本女性の伝統の美が眩しい。この時に想う、普段の授業にも着物姿もいいんじゃないかと。

春の匂い。

 情報測量学科2年生でした。谷先生にもたくさんご指導いただきました。木田くんのポートレートが今年の近測のポスターになりました。この写真を撮ったのが高校時代からの同級生、大木くんです。二人の道は分かれても友情は永久に続く。この雰囲気も春の匂い。

旅立ちの日、その1。

 卒業式の後に謝恩会があった。涙ですよ。2年間の深い付き合いがきっちりと「愛」のフォルムとして残る。東京組の3人。脩人、一泉、久保。君たちを忘れない。

大阪が第二の故郷。

 高知出身の情報測量学科2年の高岡くん。就職企業が決まって満面の笑み。「大阪で働きます」どうやら大阪が第二の故郷になりそうだ。おめでとう。明日は卒業式。