五重塔の夜桜。

  先週、京都の東寺に行った。夜桜を見ようと大勢の人だかり。人の間をぬう錦鯉のように塔にたどり着く。よし、ここで記念撮影を。ハイ、パチリ。あれっ!?肝心の塔が写っていない。  

春は女の子。

 春にはたくさんの花が咲きますね。SHASENの写真1年の花シリーズ、第三弾!鈴木さん、井立さん、田中さんのパンジー娘です。写専での2年間、鮮やかな大輪を咲かせることでしょうね。頑張れ!

庭の花よりどっちがキレイ。

 写真1年生の奥原さん、青山さん、中林さんがガーデンで勉強中。一緒に撮ろう。と声をかけてのハイポーズ。うまく撮れましたよ。「じゃ、花とどっちがキレイ?」「もちろん、花です」

写真1年は美女揃い。

 庭で写真基礎の実習中。今年の写真学科1年生は美人が多い。そう思う。いや、きっとそうだ。授業が終わるのを待ってパチリ。石原さん、山下さん、城島さんが笑った。うん、やっぱり可愛い。

播州弁がなんとなくいい。

 写真1年生の杉本涼太くんは姫路から通っているそうだ。結構時間がかかるハズ。それでも早くから来ている。ヘアースタイルが「ダンゴ」なのがトレードマーク。彼がしゃべるとイントネーションが播州なまり。これがいい。

台湾から、瀋陽から。

 今年度の写真1年生のクラスは留学生が2人。江くんと李くん。まだ日本語はやや怪しいが、写真を学ぶ向学心の強さは感じる。いろいろと質問が出るのだ。瞳が澄んでいる。これもいい。力いっぱい応援していきたい。

なにもかも1番・・・。

 写真学科1年生の「鴫原薫くん」が校長室に「本を見てもいいでか?」と入ってきた。1年生が来たのは初めてである。突然の丸坊主の登場に驚きと、嬉しさと。それで、このブログに登場する1年生は彼が1番である。

しばらくはドイツで勉強します。

 写真学科卒業生の奥彩花さんが「来週から1年間ほどドイツに行ってきます」と挨拶に来てくれた。「ドイツ語は?」「まだまだ、挨拶程度ですが」瞳が希望で輝いている。異文化に触れて想像力を膨らませることは非常にいいことです。健康に気をつけていってらっしゃい。