寝る子は育つ。

 情報測量学科2年の岡本君、第一志望の会社に内定をいただきました。就職内定者のトップバッターです。「おめでとう」「ありがとうございます」「内定獲得の秘訣は?」「ハイ、よく寝ることです」(笑)休日は一日寝ているとか。そうですね、健康が一番ですね。

帽子の季節になりました。

 楓先生も井上先生も、今日は帽子を被っています。大阪は真夏日になりました。照りつける太陽は容赦なく薄くなった頭皮を襲います。で、本日はお二人は帽子デーとなりました。

明るさはそのまま。

 写真学科卒業生の森上くんと小林さんが「こんにちは」二人の笑顔で校長室が明るくなった。「元気に頑張っています!」こんな声にもパワーをもらえる。学校に行こうか。そんな気を持ってくれるのが嬉しい。

六本木の夜は眠らない。

 東京で頑張っている卒業生たちと食事をした。みんな仕事の都合でなかなか集合時間が決められない。「六本木で集まろう」愉しい夜の集いはあっという間に過ぎる。みんなが元気なのがスタミナドリンクになる。話の内容?くだらない話です。それが酒のつまみです。

卒業生がいっぱいいるから。

 写真学科を卒業した岩佐淳平さんが2ヶ月ぶりに顔を出した。「仕事場は卒業生がたくさんいるので心強いですし、楽しいです」やっぱり先輩はありがい。誰でも最初は右往左往。側でニコッと笑ってくれる先輩の笑顔がどれだけ励ましになることか。

大阪のゴーヤは高い。

 情報測量学科1年の島袋くんは沖縄から来ている。この季節になるとゴーヤチャンプルが食べたくなるようだ。沖縄ではゴーヤ1本、20円ぐらいなのに大阪では150円もする。高いですねぇ。彼の澄んだ瞳は遠く沖縄の空を見つめているようだった。

連続射撃砲が響く。

写真学科を卒業して5年、小北さんが現れた。勤務する東京・イイノの会社説明会に来てくれたのだ。喧しい、やかましいのは在学中と何も変わっていない。わたしの耳元でしゃべる機関銃。5年間の出来事を乱射。耳にワタをしておけばよかった(笑)

まだ、写真やってます。

 写真学科を卒業して4年目。眞野くんとカンちゃんがひょっこりと登場。写真関係に務めだして4年目は、危ない頃である。しんどいし、こんなハズじゃなかった。とか何かと理由を言っては投げ出す人が多い。「やってる?」「もちろん、写真がスキですから」(笑)嬉しいよ。

トイレで後ろから襲われるの巻き。

 ある日の昼下がり、突然の背後からのチカン行為に出くわす。あっ、これは事件!振り返ると卒業生の田中優生くん。「センセ、久しぶりです」(笑)仕事の休みを利用して学校に来たという。在学中からこんなイタズラは大得意でした。彼のよさは健在か。  

カツオのタタキは最高です。

 高知から入学の情報測量学科1年、長崎あみさんは元気がいい。「測量の授業は楽しいですよ。おばさんが近測の卒業生なんですよ。だから測量に興味を持って、卒業したらおばさんの会社に就職します」ハキハキと気持ちがいい。「アッ、センセ、今がカツオのタタキの旬です」とにっこりと笑った。