粉もん、大スキ!

 映像学科1年生の宮崎さんは現在、お好み焼き屋さんでバイト中。「うちのお好み焼きもおいしいですけど、もんじゃは最高ですよ」(笑)本人は大の粉モン、フアン。映像学科を卒業したら番組の編集スタッフになるのが夢のようです。もんじゃが食べたくなりました。

美人になりすぎ。

 4年ほど前の写真学科卒業生、丸山さんが「コンニチワ」と飛行機添乗員のような笑顔で登場。添乗員は古いか。もうすっかりブライダルのフォトグラファーである。こんな笑顔で「写しますよ」誰もが笑顔になるだろう。  

クチベタですが。

 写真学科卒業生の楠本くんが「センセ、こんにちは」と笑顔を見せる。彼は現在、自衛隊で頑張っている。不器用でクチベタだが、コツコツと前向きに姿勢には好感がもてる。「焦るなよ」「ハイ」この素直さがやがては全てに勝る日がくるハズだ。

隣りで仕事でしたので。

 懐かしい卒業生、杉山典子さんが来てくれた。「土曜日、日曜日と長居陸上競技場で仕事がありまして」卒業してから20年間以上ずっと映像、音響効果の仕事をしている。継続はチカラです。全国放送の生番組に彼女が呼ばれるんですから。うれしいですね。

パルクールが大スキで。

   映像学科1年生の栃下くんはカメラマン志望。「どんな映像を撮りたい?」「パルクールの映像を撮りたいです」「何それ?」「スポーツです。街の中で動き回るスポーツです」(笑)よくわからない。「カッコいいですよ」「そーかなぁ?」「まだ、わからない」栃下くん、次は映像を見せてくれ。

グリーンが抜けてきました。

   情報測量学科1年の林くんのヘアーが只今、グリーン。「この間まで金髪でしたが、グリーンにしました。でも、やや色が抜け来たのです」(笑)廊下ですれ違った小林先生に「そんな測量士はいてへんで」(笑)和歌山からの通勤電車ではジロジロ見られるとか。若さの爆発か。

スポーツ中継カメラマンになる。

 映像学科2年の末廣くんの就職が決まった。東京の映像会社でカメラマン採用での合格のようだ。高校時代からサッカーが好きでサッカーの中継カメラマンに憧れて本校入学。試合にかける選手の想いをカメラで伝えたい。ええ話です。頑張れよ。末廣くん。

只今、パソコンの猛特訓中。

 写真学科1年生の三澤くんの日曜日はパソコンのレッスン日らしい。「早くパソコンの使い方をマスターしたくて」なかなかの勉強家である。学校近くでの一人暮らし。近くのスーパーの特売日も押さえているようだ。近いうちに食事にでも誘いますから。

日本食はラーメンが一番。

  インドネシアからの映像学科1年生の留学生、ケルヴィンくん。彼の一番のお気に入りの食べ物がラーメン。「ホント、おいしいですよ。毎日でも食べたいくらいです」日本語が流暢である。夏場はラーメンよりもうなぎが美味しいのだが。彼はまだその味を知らない。次回にでも一緒に行こうか。

鯖田先生はおもしろい。

 京都から通っている映像学科1年の有富くんは授業実習が楽しくてしょうがないらしい。その中でもテレビカメラの触れるのが至福の一時だそうだ。「カメラマンになりたいんです」授業では鯖田先生がおもしろいと言う。あまり、おもろないけどなぁー。