バンコクでヘトヘトに。

 夏休みにバンコクに行ってきました。初日から台風の影響で沖縄で一泊の足止め。ノープランだったが、観光地を気の向くままにブラブラ。これが後日こたえた。フットマーサージでは効かない。

写真が少しわかってきました。

 今春、卒業した田中一泉さんがひょっこりと来た。家族旅行のスナップフォトには愛を感じた。「いいやん」「はい、記録する楽しさを少しわかってきたような感じです(笑)」ちょっと成長したのかなぁー。

ちょっと痩せたぁー?

  写真学科の卒業生、内海くんが「夏休暇が取れたので、学校に」と来てくれた。「少し痩せた?」「いえ、体重は変わっていませんよ」ひさしぶりだったせいか、そう見えたのかも。廊下に飾っている在校生たちの写真を食い入るように見つめていた。

ええ湯加減やわ。

 暑い夏にも関わらず、写真1年のこのトリオ、「自主研究で学校で撮影レッスンしています」どうやら、女の子のたちのモデルは三澤くんのようだ。積極的なスタイルがいいね。青山さん、中林さん、三澤くんを「ええ湯加減で茹でてね」

夢が現実に。

 映像学科2年生の高橋さんの就職が内定した。非常に嬉しい。彼女の念願の舞台関係の会社に決まったのだ。ずーと以前から、この業界に憧れて勉強を重ねてきた彼女。うれしいね。プロの世界で自分をしっかりと見失わないように。

木登りは得意です。

 写真学科の卒業生、藤原くんがガーデンの剪定作業を手伝ってくれた。「写真より木を切るほうが得意なんで(笑)」37度の照りつける太陽の下、彼は頑張ってくれた。感謝です。お礼にアイスを1本。

ついにボケたか。

 いいえ、決してボケてはいません。堺にあるハーベストの丘の「ひまわり」を撮影に行ったのですが、猛暑で前に進むことが出来ない。車いすを借りて吊り橋を渡った時、暑さがピーク。ハァーと口が開いてしまった。渡りきったところで「かき氷」を食べたのは言うまでもありませんが。

感動する音響づくりを目指して。

  映像学科(舞台コース)の西谷くんの就職が内定した。東京の大手音響会社である。彼の念願の会社に内定が決まり「ありがとうございました。東京で頑張ります」と笑顔を見せた。芯の強い人なので5年先、10年先が楽しみだ。音響でみんなを感動させて下さい。

最近の写真を見て下さい。

 写真学科を卒業した鬼丸さんが「スライドショーを制作したんですが、見て下さい」と東京から来た。スタジオで働きながら、写真を撮っているようだ。優しくて綺麗な写真から少し不安感が漂った。福岡から大阪、そして東京。思えば長い距離を走っている。まだまだゴールは先だ。頑張れ!

会社を興しました。

 近畿測量を卒業して4年ほどになるだろうか。高知の岡村くんが差し出した名刺には「取締役」とあった。6月に会社を設立したのだという。強いなぁー。野心も野望も若いパワーで突き進む岡村くんに期待します。