写真展やります。

写真学科1年生の内藤くん。10/8(月)までヌーベルヴェルで写真展を開いています。彼の出身である徳島の美しさを表現した作品。是非とも観に行って下さい。

楽しい仲間がワイワイと。

来ましたよ。写真学科OB最高のお笑いメンバーの登場です。東京勤務の土屋をメインに集合のようだ。彼らが来ると校長室が騒がしい。で、ガーデンで撮影。それでもやかましい。

仕事は順調とか。

写真学科の卒業生、藤原くんと高橋さんが来てくれた。「はい、仕事は楽しくストレスなしでやってます」(笑顔)いやぁー、嬉しい報告です。楽しみを見つけるのはステキなことです。

大阪市長賞はアネッサに決定。

大阪市とメルボルン市の姉妹都市40周年記念写真展で大阪市長賞はPSCのアネッサさんに決まった。メルボルンの若者文化、交通、経済を現した素晴らしい作品です。メルボルンの会場でPSCの校長と共に。

メルボルン市長賞は小林君。

大阪市とメルボルン市の姉妹都市提携40周年記念写真展が開かれて、栄えあるメルボルン市長賞に輝いたのは写真学科2年営業コースの小林君。「大変、光栄です」と感激の小林君。

もうすっかり社会人。

ある企業の百周年パーティに出ると、卒業生が来ていた。浦野くんと岡村くん。「センセ、飲み物は?」「ソバを持ってきましょうか?」応対が優しい。笑顔でさりげなく。そんな感覚を掴んでいる立派な社会人でした。  

現代の流行を研究中。

写真学科、表現コースの学生たちは熱心だ。卒業作品制作に向けて、来春の入社での仕事に役立つようにと現代若者流行を真剣に探っている。いろんなところにヒントがあるもんだ。

卒業して14年が経ちました。

写真学科の卒業生、森たかしさんがプリンを持って来た。早いもので卒業して14年の時間が流れた。いいパパになっているが、容姿は学生時代と何も変わっていない。いつまでも爽やかで元気だ。