カツオのタタキは最高です。

 高知から入学の情報測量学科1年、長崎あみさんは元気がいい。「測量の授業は楽しいですよ。おばさんが近測の卒業生なんですよ。だから測量に興味を持って、卒業したらおばさんの会社に就職します」ハキハキと気持ちがいい。「アッ、センセ、今がカツオのタタキの旬です」とにっこりと笑った。    

ハマグチがアートに

写真学科2年生の横内クンの作品です。ハマグチがいっぱいです。課題作品で「ウォーホルに挑戦」でした。出来上がりがまさかハマグチとは。もちろん、満点です。   

金沢からの訪問者

4年前に映像学科を卒業した小澤くんがひょっこりと現れた。「今、金沢で音響をやっています。ステージもTVも」人なつっこい笑顔が梅雨の晴れ間によく似合う。鯖田先生、杉岡先生は「オイ、ぜんぜん変わってないなぁー」いやいや、映像業界では一人前になっているはず。   

昼下がり文太の登場

お昼に長居公園のバス停で立っていたら「センセ」と声がする。見ると、今春に卒業した近藤文太クン。「今から学校に行こうかと・・」東京のコマーシャルスタジオで頑張っている様子。「じゃ、2年生の授業に飛び入りしてよ」「ボクで良かったら、ハイ」きっと、年齢が近い分、楽しい東京での経験談に盛り上がったことだろう。   

三田良プラス田井

「センセ、4×5のカメラ学校で使って下さい」と、三田さん。「ありがとう、ついでに学生にレクチャーをやってよ」「えっ、できるかなぁー」と三田さん。当日は同級生の田井さんを連れて来てくれました。もう、スタジオ・レクチャーは現役のコマーシャルフォツグラファーで大盛り上がり。   

ジェームスが来た~ァ

インディアナ州立大学で写真を教えているジェームスが大阪のニコンサロンでの展覧会のために来阪。じゃ、みんなで食事を食べましょう。ジェームスは今年の北海道の東川町国際写真フェスティバルで「新人賞を獲得」ますますエンジンが全開のジェームスに乾杯!   

びっくりしたなぁーモォ

最近は「あー、ビックリ」が少ない。そんな中で、昨日の日曜日、散歩中に突如セントバーナード犬が襲いかかってきたのには「あー、ビックリ」でした。真っ白な大型犬が路地から急に!!!なんですよ。先方の事情は知りませんが、こっちは「ボォー」と歩いていたんです。「人も歩けば犬に当たる」   

NYから届いた1枚の写真

ICPのユージン先生から写真が届きました。「何を食べますか?」「日本食がいいです」「じゃ、しゃぶしゃぶとウドンでも」「最高だ!」あの時の笑顔が浮かびます。1枚の写真に付いていたコメントが、「あなた方を忘れません」   

1年振りのラジオ体操

早朝6時である。眠い。歳のせいか夜中に目が開くが、2度寝のクセがついている。6時はまだ早い。しかも寒い山中である。「よシ、見栄えだけでも頑張ろう!」ラジオ体操第一、ヨーイ!   

NYCからのゲスト

NYからユージンが来た。彼とはもう15年来の友人である。「もう、いくつになった?」「63歳だよ。孫も8人もいるよ」気持ちはまだまだ青年である。彼は写真家。NYCのICPで教えている。一緒に道頓堀に出かける。孫たちに可愛いスクラップを買っていた。その時の彼は「おじいちゃん」になっていた。