大阪広告協会の最優秀賞を受賞DE

 映像学科の1年生が大阪広告協会が主催するMADE IN OSAKA CM AWADS2010に 作品を応募して見事!最優秀賞を受賞した。最高にうれしいです! で、さっそくに近くにいた映像学科の学生たち数人と集合写真。      

大和川での実習

 測量は秋の実習に入った。学校からスグ近くの大和川が現場だ。 10月とはいえ昼間の温度は高い。汗をかきながらの実習である。 これが、将来のチカラとなるのだ。頑張れ!      

長島義明作品に囲まれて

    写真家・長島義明さんの作品整理をお手伝いしています。 40年間の世界を撮り続けた長島さん、作品の数も半端じゃないです。 さて、どれから手を付けましょうか?と言いながら、「あれ、この作品はスゴイ」と 手が止まります。整理は遥か彼方でしょう。 

高知工科大で測量コンテスト

 毎年行われている測量コンテスト。本校は常に優秀な成績を収めています。 今年も6名が参加しました。その内の3名です。田坂くん、高田くん、谷末くん。 コンテストの成績も上々ですが、この参加した学生たちの勉学の姿勢もいい。      

梅佳代さんのサイン

2002年の卒業生、梅さんが 大阪にきた。写真集「ウメップ」のサイン会に列ぶ。 「あっ、センセ!ありがとうございます!」とアタマにハローウィンの カボチャを乗せた彼女。元気そうであった。「また学校に遊びに来てね」 「あっ、センセ、チョット待って!」(パチリ!)写真を1枚撮られた。    

ラジオ出演に緊張

 先日、あるラジオ番組に出演しました。写真のこと、映像のこと測量のことを 立て板にトリモチのごとくしゃべってきました。 お相手の遠藤さんがうまくリードしてくれて生出演も放送事故にならずに すみました。遠藤さんに感謝です。やっぱりプロの現場は心地よい緊張感が走りますね。

神戸の風

 久しぶりの神戸・北野。 北野坂を上がると高校時代を思いだす。あの頃はこんなにも風が爽やかだっただろうか。 風の香りを感じる季節なのか、歳なのか?さて? 大阪では卒業作品制作の熱い風がまもなく吹き荒れる季節になる。

センセ、覚えてますか?

 平成20年の近畿測量の卒業生、斎藤洋平くんと井上考太くんが顔を出してくれました。 聞けば、同級生の結婚式のために「有給」を取ったとか。 じっくりと二人の顔を見る。社会人の顔になってきている。一安心です。 あなた方を忘れはしません。いつでも学校に来て下さい。

ハマグチがアートに

写真学科2年生の横内クンの作品です。ハマグチがいっぱいです。課題作品で「ウォーホルに挑戦」でした。出来上がりがまさかハマグチとは。もちろん、満点です。   

金沢からの訪問者

4年前に映像学科を卒業した小澤くんがひょっこりと現れた。「今、金沢で音響をやっています。ステージもTVも」人なつっこい笑顔が梅雨の晴れ間によく似合う。鯖田先生、杉岡先生は「オイ、ぜんぜん変わってないなぁー」いやいや、映像業界では一人前になっているはず。