達成感あり。

写真1年の寺本くんは学年末作品制作で手応えを感じているそうだ。「1年の終わりでボクのやりたい作品ができました(笑)この成功を2年次にはもうワンランク上げたい」成果が出た努力に拍手!校内展が楽しみだ。

よくしゃべる卒業生たち

卒業して3年経つ卒業生が講義に来てくれた。白澤さん、坂田さん、東恩納さん、丸山さん。写真1年生たちと一緒に撮影実習をしてくれて、アッという間の4時間の授業でした。感謝。

校長室の片付けをヘルプ。

写真1年の河野くん、武村くん、三澤くんが校長室の額裝の手伝いをしてくれた。なかなか気のいい学生たちである。段取りのいい片付けは将来役に立つかも?

見せたいのは迫力!

映像学科の卒業作品の劇場発表が明日、アベノ・アポロシネマで上映される。 冨田くん「迫力感をお楽しみ下さい」とPR。高橋さんは演劇の迫力も凄いので。

女子パーワーはスゴイ!

ガーデンに楓先生からいただいた植木を植え替える作業。写真1年の女学生たちの応援でなんとか作業が終了。彼女たちは大きな植木鉢も持ち上げる。お見事!春が待ち遠しい。

アマチュア植木屋さん。

楓先生のお宅に湯川秀樹博士の育てた「桜」がある。その桜木を学校に寄贈していただいた。それで、桜木の掘り起こし作業。コレが大変。桜の根が深いワ、スーツは汚れるワ。アマチュアはドタバタ劇である。

京都で3人展

写真学科2年生の高田さん、阪元くん、吉本さんの3人がグループ展を開いている。京都の町家のオシャレなギャラリーで21日まで。なかなかええ作品です。

初めての作品発表

写真1年生の学年末作品展が2年生の卒業作品展と同時に開催。彼らの1年間の成長と成果を是非ともご覧いただきたい。「やった!」叫ぶ1年生。