かわいい写真が撮れました。

写真学科営業コースの奥原さんの卒業作品がいい。かわいい楽しそうな子どもの笑顔がうまく表現されています。1枚の写真から大パノラマのストーリーを感じる作品です。オリジナル作品は是非とも会場でご覧下さい。

不思議な世界をお見せします。

写真1年の吾郷さんが学年末作品で発表するのは「私が不思議な世界に入り込んだら」というコンセプトのようです。女の子の楽しくも怪しい世界観が広がります。乞うご期待ですね。

今年も演劇がスゴい!

映像学科、舞台コースの卒業公演が2月2日、3日、近鉄アート館で上演される。脚本担当の飯田さんは「退屈させません!」どんなことがあっても観に行きますよ。

北海度から東京から、そして奈良から。

卒業して3年。写真の現場で働く先輩が後輩に授業をする日です。北海道から山内さん、東京からは池田さん、奈良からは岡村さん。「うわーっ、ドキドキする」(笑)あなたがたも1年生の時に先輩が来てくれたじゃないですか。

ここにきてパワー炸裂。

写真1年の内藤くん、南口くんの鼻息が荒い。2月16日に開催される「学年末作品展」の作品制作にパワー全開状態。1年間の集大成がここで示される。頑張れよ!

卒業作品展が超楽しみ!

写真学科2年生の谷澤さんが「卒業作品制作は非常に順調です」と校長室に来た。で、作品を見ると、肩の力が抜けて爽やかです。ええ感じ。これなら、展覧会が楽しみです。  

9,000㎞の彼方から。

写真学科の卒業生で現在ドイツで写真作家活動をしている奥ちゃんが来てくれた「今、関空から来ました」(笑)「ドイツは寒いやろ」「家の中は暖かいです」「わかってるワ、外の気温や」(笑)お正月は実家の滋賀で過ごしてすぐにドイツに戻ると言う「作品が1点、3,000ユーロで売れたんです」よかったね。

あれ!?オトコ?オンナ?

写真1年生の忘年会で悪ガキ3人と写真を撮ったつもりが、あれ?ひとりが変。謎は解けました。南部くんが化粧をしていました。年末の戯言のようです。

キンちゃん感激!

写真1年生の忘年会がありました。食べ放題、ドリンク飲み放題、ただし、アルコール禁止。クラス全員が参加。担任の松本先生には心に残る会となったはず。