台湾にいらっしゃい。

 台湾からのお客様、ジェシーが来てくれた。「東北の人たちの写真を撮りたくて」と大阪に寄ってくれ

た。「頑張っている人たちの笑顔が見たくて・・」とジェシーは東北の友人を訪ねるという。現在は台北

で一人暮らしだが、「とっても自由、ジョンプというネコが一番の友達」と笑う。「おいしい食べ物が

いっぱいあるし、台湾にいらっしゃい」と半ば強引に誘われた。

 

 

12月はシルエット。

 ここは東京ミッドタウン。首をすくめながら街を歩く。都会の広告は刺激的だ。よし、モデルに変

身。挑戦はしてみたが彼女が「フフフ・・」と笑う。街がおしゃれなイルミネーションに輝く季節。

シルエットならカッコがつくかもしれない。もう一度彼女にお願いをする。すると今度は彼女が微笑

んでくれた。

 

 

イチゴは冬のものでしたか?

おいしいイチゴを北陸のハウス栽培でいただいた。甘い、甘いと次々にホウバル。気がつけば55個

も食べていた。身体が「イチゴ大福」状態。このハウス内にはミツバチも飼っていて受粉に貢献。無

農薬らしい。結構小さな虫もいる。そこがまたいい。ミツバチがささやいているようだった。「クマ

が冬眠から覚めて職場を荒らしにきた」と。

 

 

 

 

快適なランドスケープを夢見て。

 測量専門学科の3名が大手測量企業の就職採用試験で内定をいただいた。3名も合格とはこんな嬉しい

ことはない。三浦くん、加藤くん、疋田くんとお祝いの記念写真を玄関前で撮った。みんな良い顔してい

る。就職先の(株)オオバは豊かな都市づくりをメインに日本だけでなく海外にも進出している総合

建設コンサルタント会社である。こんなステージで活躍できる3名は将来が楽しみだ。大学を卒業し

て本校に入学、そして本物のエンジニアになる。なんかワクワクしてきた。

 

 

 

に入学

頑張れ!店長!

 測量専門学科の永美祐輔くんは、なんと入学前はカレー屋さんの店長をやっていたようだ。

店長をやめて土地家屋調査士を目指して入学。永美くんの良いところは?「(笑顔で)なにもないです

よ」クラス仲間の面倒見も良いらしい。おそらく店長らしい気配りができるのだろう。「カレーはス

キ?」「スキです!」即答が返ってきた。

 

 

時宗くんの結婚式。

 卒業してから10年は経つだろうか。時宗くんと黒田真由美さんが結婚をした。友が遠方よりたくさ

ん集まった。沖縄から長野から東京からと。アラスカ大学の通っている福長くんともTV電話でつな

がった。はじまりから結びまで「笑い、笑いの連続」の愉しい結婚式、披露宴であった。先生である

事を誇りに思い感謝のひとときであった。ありがとう。

 

 

 

真っ赤なもみじ。

もみじが赤く色づいていた。ここは山中温泉、こおろぎ橋。歴史の在る橋らしい。ここでいろんな人が

出会い、別れ、感動のドラマが展開されたのだろう。一年ごとに新しい緑のもみじが芽生え、赤く染まっ

て落ちていく。人間万事塞翁馬のごとく、すべてが自然 流れの中で。すこーし、昔を振り返るには良い

場所でした。

 

 

幼い頃は野球少年

 測量専門学科の瀧谷勇人くんは小学生1年生から野球をやってきたようだ。「小学生時代はピッチャー

で中学から内野でした」ちなみに父親の影響からプロ野球は巨人らしい。で、趣味は?「・・・趣味です

か・・スポーツ観戦です。スポーツだったらルールがわからなくても観ています(笑)」ヒジの故障で

プロ野球の夢は断念したようだが、これからは測量士の夢がある。