山椒は小粒でもピリリと辛い

 写真表現コースの若松やよいさんがドアーを開けた「センセ、就職決まりました」小さな顔からこぼれる笑顔。彼女は多少、コロコロとした体型で小さい。しかし、このシルエットがかわいい。思えばこの2年間、何度か、彼女の笑顔に救われたことか。私にとって彼女の微笑みは実にストレス解消のクスリであった。卒業作品の制作状況の中で彼女の作品を見せてもらった。小さな恐竜が砂浜で戯れている様子の作品であった。この作品にも少し温かさを感じた。小粒でもピリリと辛いが、香りがいい。