窓の外はひさしぶりの雨

 小さな小さな雨粒が降っている。「失礼します、映像学科の中島です」と映像学科1年の中島聡くんが

現れた。学年末作品の告知ポスターを校内に貼るので許可を、という用件であった。見慣れない顔だったので、少し話し込んだ。学校内の学生たちの顔をすべて把握していたつもりだが、彼は印象が薄かった。

話をすれば、熱い探究心が垣間見れた。どんな小さな雨粒だって、よく見ればきれいに光っている。窓の外は久しぶりの雨。もっともっと観察しなければ新しい発見はないことを改めて知った。