ちびまるこの出ているクッ、クッと笑う人。

 写真学科2年生の崇原美保さんが「長野県のお菓子です、どうぞ」と落雁をプレゼントしてくれた。学生が田舎に帰るとよくその土地のお土産をいただく。そんなのは「気持ちだけで良い」のに、つい顔がほころぶ。人間ってやらしいね。ありがとう、家族でおいしくいただきました。それにしても彼女は「ちびまるこちゃんに出てくる、電柱でクッ、クックッと笑う、そうそう野口さんに似ていると思っているのはわたしだけだろうか。