やっぱり、映像表現がスキ。

映像学科1年生の藤岡 達也くんの演劇公演での役者ぶりを見た。ユニークな役柄で緊張感が爽やかであった。好感度二重丸。演劇の方に進むのか?の質問に彼は「ボクは映像デレクターになりたいです」ときた。真面目な性格が良く伝わる。ベースはこれで良いが、少しいたずらに脱線もデレクターとしての面白い発想につながるかも・・。頑張れ!達也くん。