喉を切ったカメラマン

写真学科2年生の安田江輝くんが声帯の手術を受けた。 比較的軽いものだったようだが、ノドを切るのである。怖かったに違いない。しかし、彼は一週間ほどで退院。元気に体育祭で走った。「センセ、ボクの走りを見てくれましたか?」見たよ。しっかりと見たよ。か細い声であるが、良く聞こえる。どんな逆境でも明るく前向きに進む安田くんに一等賞をあげたい。