旅をすると成長するのはナゼだろう。

 写真学科2年生の台湾撮影研修旅行から帰ってきた。みんな「楽しかったね」と口を揃える。何が楽しかったのか。知らない風景に感動しただけではないらしい。仲間と食事を共にし、共に鉱山に登ったり、出会った外国の人と触れ合ったりと、自身の今まで気がつかなかった可能性を少し感じたからに違いない。日本にいても同じように時間が流れ、太陽が登って沈む。日本でも学んだことを発揮させて欲しいと願う。