宝塚歌劇団の舞台で暴れたい。

 映像学科2年生の安福真由さんが宝塚歌劇団の運営や進行から、音響・照明・舞台美術までを担当する会社に就職が決まった。おめでとう。「ステキなミュージカルを創ってタカラジェンヌを盛り上げたい」彼女の夢は大きい。カッコいい夢の世界で活躍を期待します。

 

 

卵焼きの写真で勝負!

 写真学科1年生の野尻萌乃香さんは現在アイデアを模索中らしい。「どんな写真を撮りたいの?」「ハイ、卵焼きの写真を撮りたいです」「卵焼き?料理は好きですか?」「あんまりかなぁ?」「ええ-ッ?」不思議な会話を校長室で展開。彼女のプランにはどうしても卵焼きなのだろう。出来上がったら見せて下さい。

宗谷岬に立つ男。

「夏休みに北海道を旅しました。」と写真学科1年の田中優生くん。
「遠いところまで行ったね」
「ハイ、初めて宗谷岬に行きました。いい場所で感動しました」
日本の北の岬で彼は何を誓ったのだろうか。

 

 

18切符で東京旅。

写真学科1年生の田中一泉くんは夏休みに東京へ行ったようだ。
「18切符の旅です。しばらくは原宿に滞在していました。そこで撮りたい写真のテーマを見つけました」
ひとつ大きな収穫を持って帰って来たようだ。
また、成長したね。

 

 

ベトナムは最高だった、フォー!

 写真学科1年生の竹森健司くんは夏休みを利用してベトナムに出かけたようだ。「見るものすべてが新鮮で、人間性もよく楽しい旅でした」たくさんの写真を見せてもらった。どれも彼が興奮してシャッターを切っているのが伝わる。「食べ物もおいしかったです」とか。

敢闘賞、おめでとう!

 情報測量学科2年の大野くん、小林くん、谷口くんの3人が夏休みに高知県で開催された測量コンテストに参加した。測量の精度をどれだけ高めるコンテストである。そこで、敢闘賞。これは見事です。もちろん、チャンピオンが一番だが、そうでなかった結果はこれからの宿題である。宿題があるということは、今後の成長があるということ。

浦島太郎になったぁ?

 情報測量学科1年の丸山恭弥くんの頭が真っ白になった。「なにか、箱から煙が出たのか?」「いいえ、夏休みの気分転換で」(笑)「楽しい夏休みでした。彼女とは2ヶ月前に分かれたんですど・・」どうやら、夏休みの楽しさも半減だったようだ。真っ白い色から次は希望の色に変えていこう。