内倉さんには応援団がいっぱい。

 写真学科の卒業生で宮崎県内で営業写真館を営み作家活動も続けている内倉真一郎氏が京都で写真展を開いている。先日、オープニングにトークショーが開かれた。小さな会場であったがいっぱいの観客。中には本校の卒業生もたくさん参加していて写専ミニ同窓会状態。みんなで彼を盛り上げる雰囲気は写専の良さかもしれない。