デッサンは奥が深い。

 表現者にとってデッサンは必要である。単に絵を描くのではなくて、何をどのように観るのかが重要である。そこには光が見えてくるだろうし、存在が見えてくる。デッサンは「コトバ」かもしれない。井上先生の授業はおもしろい。