SHASENの強み

TOP>SHASENの強み

Point160年の伝統と10,000人超の卒業生

SHASENの強み

1956年に日本写真専門学校として創立以来、60年間、写真業界・映像業界で活躍できる人材の育成を続けてきました。
卒業生は10,000人を超え、各業界への深いコネクションを獲得しています。

Point2就職希望者の就職率98%以上

SHASENの強み

『夢』を『仕事』にする。
そのために必要なのは『稼ぐことの出来る技術』です。
現場で求められる技術は何なのか、今の業界の流行はどういったものなのか、多くの卒業生と、各業界との深いコネクションをもとに、日々カリキュラムを磨き、卒業後すぐに活躍できる人材の育成を目指しています。

Point3最新のデジタル技術

SHASENの強み

日本写真映像専門学校のカリキュラムにおける「デジタル」は、最新の技術を学ぶことができます。
写真コミュニケーション学科とフォトファイン学科では、撮影から画像処理、出力(プリント)までのワークフローを、映像クリエイション学科では撮影・編集に加えプロジェクションマッピングが3DCGなどを徹底的に学べます。

Point4第一線で活躍する卒業生

就職率の高さとともに、日本写真映像専門学校が誇るのが『離職率の低さ』。
卒業したほとんどの学生が夢を実現し、現在第一線で活躍しています。
広告写真で活躍する鋤田正義氏や片村文人氏、写真作家の梅佳代氏や浅田政志氏をはじめ、映画「おくりびと」のプロデューサーやテレビ番組「情熱大陸」のカメラマンなど多くの撮影現場やライブツアーの現場にも日本写真映像専門学校の卒業生がいます。

Point5目指す資格

■写真コミュニケーション学科
国家検定「肖像写真技能士 2級・3級」とは、働くうえで身につけるまたは必要とされる技能の取得レベルを評価する制度です。
日本写真映像専門学校は、全国でも数少ない厚生労働大臣の指定を受けています。卒業時に2級を取得しているのは、四年制大学を含め全国でも日本写真映像専門学校だけの魅力です。
このほか、「フォトマスター」(文部科学省後援)や「上級デジタル情報記録技術者」(一般社団法人 デジタル情報記録管理協会 主催)といった資格取得を目指した実力養成講座を設けています。

■映像クリエイション学科
映像クリエイション学科で、国家検定「舞台機構調整(音響機構調整作業) 3級」や日本ポストプロダクション協会主催の認定試験「映像音響処理技術者」の取得を目指して勉強します。
これらの資格は就職に大変有利となる一方で、必要な資格です。本校では、毎年多くの学生が合格しています。

Point6授業料

学費は、各学科とも大学・専門学校のなかでは負担が少ないことも日本写真映像専門学校の強みです。授業で必要なものだけをご負担いただき、保護者や学費負担者のご負担を軽減して、学生が勉強に集中できるよう学びやすい学費を提供しています。
また、AO推薦選考や特待生制度などで入学を決定された方には特典がございます。
さらに、日本学生支援機構、学費サポートプラン、各種教育ローン、日本写真映像専門学校独自の学費納入支援制度をご用意しています。
学費でご不安がある方は、ぜひ入学前にご相談ください。

来校イベント
学校説明会

本校の教育方針、カリキュラム、就職指導、就職実績など学校全般についてご説明いたします。
なんでもお気軽にご質問ください。

→お申込みはこちら
体験入学

無料ランチ付き!

実際の撮影や機材セッティングに挑戦していただきます。
教員やスタッフが詳しく説明しますので、予備知識がなくてもOK!

→お申込みはこちら
学校見学 随時!

授業の流れや就職の概要などをご説明したのち、担当教員とともに本校の実習施設や教室を見学します。
授業開催日には授業の見学も可能です。

→お申込みはこちら
資料請求

完全無料、即日配達

ホームページには記載しきれない情報を掲載したパンフレットをお送りします。
お気軽にお申し込みください。

→資料請求はこちら