こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>【写真】高薮望さんBe絵本大賞 優秀賞

2013/03/04

【写真】高薮望さんBe絵本大賞 優秀賞

日本写真映像専門学校 写真学科2年写真表現コースの高薮望さん『Be絵本大賞』優秀賞を受賞しました!
絵本という写真とは違うジャンルでありながらも、高薮さんの発想力・アイデア・センスが活かされた作品です!

『Be絵本大賞』審査員には、AKB48の生みの親である秋元康、脳科学者の茂木健一郎、書道家の武田双雲の三名です!

※下記は『Be絵本大賞』HPより抜粋

(選評)

秋元康

初めて読んだ時に、これは絵本なんだろうか、と、とても驚きました(笑)
作者が、自分の中で描きたかったものを素直に描いていて、どこかユーモラスで洒落っぽさもあり、
そんなところに自然と惹かれていく魅力ある作品です。

茂木健一郎

この作品は選考会でも議論をよびましたが(笑)、この飾らない自然体の感じがまさに
いまわれわれが次に行くために求めているものだと思います。
完成された世界をさらに洗練されていく、そういう進化の過程ももちろんありますが、
突然この「毛ガニ」のような作品が出てくることによって絵本の、そして子どもたちの世界は広がると思います。
ぜひこの作者の方には人生2回目の毛ガニをお祝いで食べていただきたいです。

武田双雲

正直悔しいんですが、子どもと一緒に笑ってしまいました。これを推すのは大人としてどうなのだろうと考えたりもしました。
でもこの作品について会話が盛り上がったり、大笑いしたりしてしまうのは、それだけ大きな吸引力があるからで、
こういうポテンシャルを持った作品がこれから世間をにぎわすことを期待しています。


たかやぶのぞみ「毛ガニ」

20130304_01.jpg20130304_02.jpg

STORY

ロン毛ガニ。胸毛ガニ。まつ毛ガ二・・・
口ぐせは・・?性格は・・?よく聞かれることは・・?
力の抜けたイラストで描かれたユーモラスな「毛ガニ」が50種類あまりも登場する、
Be絵本大賞選考委員の間でも大きな笑いと議論を読んだ問題作(笑)。


『Be絵本大賞』HP→こちら