こちらは、日本写真映像専門学校(SHASEN)のブログです。このブログは、2017年6月のリニューアルより更新停止中です。新しい情報は、リニュアルされたページをご覧ください。

TOP>学校からのお知らせ>【写真】写1「宇宙を連想する課題作品」

2014/06/11

【写真】写1「宇宙を連想する課題作品」

写真学科1年生 現代写真論

日本写真映像専門学校写真学科1年生の授業に「現代写真論」があり、

その授業は濱口校長先生が行います。

 

今回のテーマは「吊るす」です。

テーマの「吊るす」を渡されて、ただ物を吊るすだけじゃなくて、何を連想するか、

どのような空間を創るのかを、学生が各々創造して創りました。

その中でも優秀な課題作品を紹介します。

 

【学生コメント】

 

 

20140611_12.jpg

【但井 伸子】 (大阪市立工芸高等学校卒)

たくさんの私も、鮮やかな日々も、最後は何色でもなくなり溶けていく。

これは自分の未来かもしれない。

 

 

 20140611_91.jpg 

【佐田尾 麻央】 (兵庫県立大学卒)

右側シャドウ部の輪郭がつぶれないように気をつけています。

軽い気持ちでバナナを用いたら思いの他、猟奇的になりました。

 

 

20140611_8.jpg

【玉木 花音】 (大阪市立工芸高等学校卒)

風船の中にLEDライトを入れて吊るしました。

風船の光の加減が難しかったです。

 

 

20140611_10.jpg

【山原 悠人】 (りら創造芸術高等専修学校)

「吊るす」は何も用意せず学校にあるものでやってみよう。ってことで、校長室からいろんな物を借りて自分の持ってる機材で撮影してみました。何もないところから創る僕は今回を通してその楽しさや大切さを学びました。

 

 

20140611_14.jpg

【小林 雅典】 (三重県立名張高等学校)

見た人が楽しめるように、まず自分達が楽しく撮る事を意識しました!

 

 

20140611_11.jpg

【山﨑 真一郎】 (三重県立名張高等学校卒)

街中を歩いてるとクレーンがあって月があって、

回り込んだら吊られているように見えたので撮りました。

 

 

20140611_13.jpg

【池田 花梨】 (大阪府立山本高等学校卒)

全て母からプレゼントされた縁結びのお守りです。

素敵な縁が結ばれるよう願い吊るしました。